弁護士に相談しよう

診察交通事故直後、加害者側から示談にしてほしいと言われても応じてはいけません。時折、警察を呼ばずにその場で示談に応じるケースがありますが、示談にしてしまうと、後に損害請求をする際、賠償金請求ができなくなるリスクがあります。交通事故直後には軽い事故だと感じても、後から症状が出て来る可能性もあります。どのようなケガをしているかもその場で判断できませんので、万が一、後遺障害等が出てきた場合、しっかりと適切な賠償請求ができなくなる恐れがあります。加害者側が何を言ってきたとしても、示談には応じず、すぐに病院へ行って診断を受けるようにしてください

交通事故に遭ったら、警察を呼ぶこと、事故直後の記録をできるだけとっておくこと、病院で診察を受けること等の注意点がありますが、今後、慰謝料請求等をしていく上で、第三者への依頼が必要になります。この場合、適任者として弁護士がお勧めです。初期段階から介入してもらうことで、交渉や手続きがスムーズになりますので、まずは信頼できる弁護士を探しておくか、無料相談をしてみましょう。弁護士にも得意不得意がありますので、交通事故の交渉について経験と知識が豊富な弁護士に依頼すると良いでしょう。

参考HP『交通事故 弁護士

交通事故被害の注意点

交通事故被害に遭った場合の注意点とは、気が動転してパニックになってしまうことは重々理解できますが、事故後の手続きにおいて、初動の対応が大変重要になってきますので、注意点等を理解しておくようにしましょう。

警察交通事故後、必ず先に警察を呼びます。人身事故でも、物損事故でも同様に警察を呼ぶ必要があります。ここで警察を呼んでおかないと、実況見分調書の作成が行われず、交通事故証明書が作成できなくなります。後の保険会社への請求の手続きの際、必ず必要になる書類になります。実況見分調書は、人身事故の場合にのみ作成されますが、大切な自己記録になりますので、後に裁判やトラブルになった際、重要な証拠として提出する可能性があります。こちらの主張が正しいという証明ですので、交通事故に遭ったら、警察を呼ぶということを頭に入れておきましょう。そもそも、交通事故が起こった場合、ドライバーに通報義務があります。違反すると刑事罰が科されることもありますので注意が必要です。

また、怪我人がいる場合には、すぐに救急車を呼びましょう。もちろん、本人も被害者として、すぐに病院を受診する必要があります。交通事故直後には、全く痛みや症状がなくても、後日症状が出ることがありますので注意しましょう。

交通事故の迅速解決

交通事故に遭遇してしまった場合、多くの方がパニックになってしまい、どのように対処したら良いか戸惑ってしまいます。慰謝料請求や損害賠償、裁判を起こすことになった場合、そのストレスやショックは相当なものになりますので、早期解決が切望されます。

事故交通事故は、ある日突然訪れます。自分がどれだけ注意をしていても、安全運転をしていても、相手が不注意であった場合は免れることは困難です。いつ何時でも事故に遭う可能性がありますので、まず落ち着いて対処することがポイントになります。もちろん、理想はそうであっても、実際に冷静でいられる人はほとんどいないと思われます。側に誰か自己処理を円滑に進めることができる人がいることで、その後の対応が大きく変わるということだけ覚えておきましょう。まず何をするべきか、初期対応についてメモ等を車に入れておくだけで対応が変わることもあります。いざという時の備えをしておくと良いでしょう。

とにかくまず最初に、交通事故に遭ったら警察に連絡しましょう。後の損害請求のことをふまえて、加害者の身元、保険会社の情報、事故のできる限り詳しい記録、可能であれば目撃者の証言や情報等、冷静にとっておくことが理想です。事故直後にその考えが浮かぶことはなかなかない為、予めマニュアル化しておくか、信頼できる弁護士を見つけておいて、すぐに相談できるようにしておくと良いでしょう。交通事故の迅速な解決について說明します。