弁護士に相談しよう

診察交通事故直後、加害者側から示談にしてほしいと言われても応じてはいけません。時折、警察を呼ばずにその場で示談に応じるケースがありますが、示談にしてしまうと、後に損害請求をする際、賠償金請求ができなくなるリスクがあります。交通事故直後には軽い事故だと感じても、後から症状が出て来る可能性もあります。どのようなケガをしているかもその場で判断できませんので、万が一、後遺障害等が出てきた場合、しっかりと適切な賠償請求ができなくなる恐れがあります。加害者側が何を言ってきたとしても、示談には応じず、すぐに病院へ行って診断を受けるようにしてください

交通事故に遭ったら、警察を呼ぶこと、事故直後の記録をできるだけとっておくこと、病院で診察を受けること等の注意点がありますが、今後、慰謝料請求等をしていく上で、第三者への依頼が必要になります。この場合、適任者として弁護士がお勧めです。初期段階から介入してもらうことで、交渉や手続きがスムーズになりますので、まずは信頼できる弁護士を探しておくか、無料相談をしてみましょう。弁護士にも得意不得意がありますので、交通事故の交渉について経験と知識が豊富な弁護士に依頼すると良いでしょう。

参考HP『交通事故 弁護士