交通事故被害の注意点

交通事故被害に遭った場合の注意点とは、気が動転してパニックになってしまうことは重々理解できますが、事故後の手続きにおいて、初動の対応が大変重要になってきますので、注意点等を理解しておくようにしましょう。

警察交通事故後、必ず先に警察を呼びます。人身事故でも、物損事故でも同様に警察を呼ぶ必要があります。ここで警察を呼んでおかないと、実況見分調書の作成が行われず、交通事故証明書が作成できなくなります。後の保険会社への請求の手続きの際、必ず必要になる書類になります。実況見分調書は、人身事故の場合にのみ作成されますが、大切な自己記録になりますので、後に裁判やトラブルになった際、重要な証拠として提出する可能性があります。こちらの主張が正しいという証明ですので、交通事故に遭ったら、警察を呼ぶということを頭に入れておきましょう。そもそも、交通事故が起こった場合、ドライバーに通報義務があります。違反すると刑事罰が科されることもありますので注意が必要です。

また、怪我人がいる場合には、すぐに救急車を呼びましょう。もちろん、本人も被害者として、すぐに病院を受診する必要があります。交通事故直後には、全く痛みや症状がなくても、後日症状が出ることがありますので注意しましょう。